血液で汚れている部屋の特殊清掃の実体


血液で汚れた部屋の特殊清掃

特殊清掃と自殺・孤独死などの関係…

特殊清掃という作業を行ってくれる業者があることは、ニュースなどでも取り上げられることが増えているのでご存知の方も多いかと思います。

特殊清掃という言葉が広く知られる様になってきたのは、近年増えている自殺や孤独死、その他、ゴミ屋敷が関係しています。

自殺や孤独死と特殊清掃がなぜ結びつくのかと言えば、それは自殺や孤独死の場合、遺体の発見が遅れることが多く、部屋の中で腐敗しているというケースが多いからだ。

遺体が何日間も放置された状態でいると、どんどん腐敗していき腐敗臭を放ち、血液や体液も部屋の床下まで到達して腐らせてしまうという様な場合もあります。その様な悲惨な現場であった場合、一般の人は部屋に入ることすらできず、入れたとしても適切な処理や清掃を行うことはできるものではありません。

よって、特殊清掃業者という専門的な清掃を行ってくれるサービスが生まれたということです。

血液で汚れている部屋の危険とは?

自殺や孤独死の場合、血液や体液で部屋が汚れていることが多くあります。血液の汚れというのはなかなか取れないものというのはご存知の方も多いと思いますが、最も重要であるのは、部屋中の病原菌による、感染症の危険があるということです。

更に放置された血液の場合、カビが生えていたり、床を腐敗させてしまっている場合もあるので、一般的な洗剤などでは落とすことができません。

特殊清掃では、専用の洗剤や清掃機器を使用して血液の除去を行っていきます。

血液の場合、吐血など病気によって流れ出ている場合もあり、細菌やウィルスを拡散させないためにも、まずは除菌を行っていきます。部屋の家具なども運び出す前に合わせて除菌します。マンションなどの集合住宅の場合、周囲に細菌を広めないで作業するというのが重要なポイントになる。

特殊清掃業者による除菌は、微生物や菌の殺菌・増殖を防ぐためと悪臭を分解させるために行い、オゾン除菌や次亜塩素酸ナトリウム、エチルアルコールにて除菌を行います。

除菌後は血液の除去作業となりますが、こちらも専用の清掃機器を使用して拭き上げていきます。状況によっては血液がかなり広範囲に飛び散っている場合もあり、床下に染み込んでしまっている様な場合はリフォームが必要になる可能性があります。

そして血液がきれいに除去できたら、最終作業としてもう一度除菌を行い、消臭も合わせてします。

血液の除去は専門の知識を持った特殊清掃業者でなくては、完全で安全な除去は難しくなりますので、きちんとした業者に依頼する様にしよう。

SNSでもご購読できます。