特殊清掃で割りに合わないお風呂場の清掃とは?


お風呂場の特殊清掃

プロが言う!割りに合わない仕事

特殊清掃は、自殺や他殺、事故などで遺体・死体の現場となった屋内外を片づける仕事です。検死や遺体解剖の必要性から警察が遺体を引き取るといっても、残存した現場の後片付けは、経験したことのない私たちが想像するような簡単なものではない。

特殊清掃の経験者・プロの人たちによると、悲惨な現場の中でも、もっとも厄介なのは風呂場に遺体があった場合(浴槽死)なのだそうです。

しかも特殊清掃の料金(作業員に入る手当て)は、それ以外の特殊清掃現場と比較してそれほど変わりはないと言いますから、“割の合わない仕事”になります。

プロが口を揃えて言う、割の合わない仕事とはどんなものだろうか?その道をめざすつもりのない人でも、少しは知っておきたいと思うものです。

浴槽死の清掃作業とは?

特殊清掃業者が浴槽死の清掃・消毒方法はどのように行っているのだろうか?

浴槽の液体は、通常「吸収材」という特殊な材料を使って除去し、その後に拭き取り作業や除菌・殺菌が施されます。吸収材で手に負えない場合は、手桶やバケツで汲み取り、その後に固めるなどして処理をするそうです。

もっとも気をつけるべきことは、無理に水栓を抜いて、下水道管を詰まらせないこと。一端詰まってしまうと、悪臭絡みの腐敗物が下水管の奥深くに入り込み、二次災害以上に悲惨な状態になるそうです。

遺体が放置された時間の長さにもよりますが、「浴槽はこれまでに見たことない色で真っ黒になっており、締め切ったままの風呂場は、悪臭をはるかに超越したものだ」と言われてます。“防毒マスクを装着して臨まないと耐えられないほど”という作業員の言葉を借りれば想像できるでしょうか。

浴槽に溜まった黒いお湯を流そうと栓を抜いてしまうと、膨張して腐乱し、剥がれ落ちた皮膚や髪の毛、排泄物や体液で排水管が詰まってしまうためだ。結局は黒い液体の詰まった浴槽に直接手を入れて、それらの腐敗物を取り出さなければならないケースがほとんどだと言います。

清掃作業が終わった後、ほとんどすべての現場で浴槽・風呂場の解体・撤去が行われます。ユニットバスであっても、建具の隙間などから体液が基礎のところまで侵入してしまっているので、そのまま改修して使うケースはありません。床・壁・天井、すべての取り壊しになります。

汚染箇所は風呂場全体と考えたほうが良いだろう。このような状態ですから、故人が使用していたと思われる風呂用品やシャンプー・ボディーソープなどは、オゾン発生器や特殊消臭剤を使って脱臭・除菌したあと、ひとまとめにして廃棄されます。

浴槽死の場合は菌をはじめとする汚染物の発生率が、他のケースにくらべて数倍高いと言われていますから、たとえ遺族であっても安易に浴槽や遺体に触れることはせず、プロの特殊清掃作業員に任せましょう。

SNSでもご購読できます。