ゴミ屋敷を他人が片づける際の注意とは?


ゴミ屋敷きの片付け

ゴミ屋敷の現状とは?

先日、「ここ数年でゴミ屋敷と名の付く住宅が急増している」という趣旨のドキュメント番組を見ました。かつて私が住んでいた墨田区にも、すぐ近くにゴミ屋敷と呼ばれる住宅があり、衛生問題や悪臭、それに治安・環境の悪化などで、近隣の住民と絶えずもめ事を起こしていた。

困ってしまうのは、行政執行にいたるまでのあいだに、これを強制的に取り締まる法律がないということと、ゴミをゴミと認めない持ち主本人の認識にある。

ドキュメント番組で、ゴミ屋敷の家主が「ここはゴミ屋敷じゃねえよ。アンタがた、テレビで放送するなら、ココは資源屋敷だと言ってくれ!俺にとっては立派な資源なんだ。捨てるものなんて何もねえよ」とレポーターに向かって主張する姿が映っていました。

ゴミ屋敷の周辺に住んでいる人たちの被害は、衛生や悪臭、治安や環境の悪化だけにとどまりません。もっとも懸念されるのは子どもの通学時の安全や火災(放火)の心配です。

現場付近は、私道から公道にはみ出したゴミがあふれていて、子どもたちは仕方がないので車道の隅をカニ歩きするようにして通学していました。中には地域住民との話し合いに応じてゴミ屋敷の片づけに応じる家主もいますが、当然、家主一人では片づけられないので、近隣の住民・有志が、貴重な自分たちの時間を割いてお手伝いすることが必要になります。

他人がゴミ屋敷やその周辺を片づける際の注意点

ゴミ屋敷きを地域住民など“他人がゴミ屋敷やその周辺を片づける際”には、気を付けなければならないポイントがあります。

1.除菌や殺虫、消臭毒、それに感染などに細大の注意を払う。

ゴミの中には、腐敗して感染源となってしまった汚物や危険物が多く紛れ込んでいます。軍手や長靴などの軽装備では、とても感染を防ぐことはできません。汚物除去というと排泄物をイメージしますが、汚物はそれだけではないことを頭に入れておこう。

2.分別ゴミ、資源ゴミ、可燃性危険物の仕分け。

これが曖昧だと、ゴミとして搬出できない可能性があるばかりか、爆発を引き起こす可能性もあります。引越しや家財撤去、また遺品整理などの特殊清掃と呼ばれるプロならともかく、そうではない素人が片づけを行うときは、あらかじめ専門業者からアドバイスを受けておくことをおススメする。

遺品整理や事故現場に駆け付ける特殊清掃の業者というと、事故の後処理や遺品の整理だけ思っている人が多いようですが、彼らの事業者の多くはもともと引越しや運送のプロであり、遺品整理の需要が増えはじめた10年ほど前から、その世界に新規参入した会社が大多数です。

作業内容や作業方法はもちろん、害虫駆除の必要性や汚物撤去・用品回収の有無などを知り尽くしており、“片づける、整理する、消毒・清掃する、処分する、運び出す”といった領域全般にわたるプロ中のプロです。汚物や悪臭などであまりにも対応が困難な場合は、彼らに作業依頼したほうが手っ取り早く安全に片付きます。

SNSでもご購読できます。