特殊清掃での遺体や死体はどこが引き取っていくの?


遺体引き取り後の特殊清掃

遺体はどこが引き取るのか?

特殊清掃とは、孤立死・孤独死、あるいは自殺・他殺など、事件性の強い現場や事故の現場などにも急行して、遺体・死体の処理や屋内外の清掃・消毒・消臭を代行する業者のことです。

通常、身元が分かっていて引き取り手の遺族などがある場合は「遺体」と呼びます。身元不明のものは「死体」と呼んで区別されます。事故や事件現場では、身元が判明するまでは死体であり、身元が判明し遺族があらわれた段階で遺体となります。

ところで通常このような現場での遺体は、どこが引き取るのでしょうか。

病院などの医療機関以外で死亡が確認された遺体は、検死のために警察が来て引き取っていきます。遺族がはっきりしている場合は、警察やアパート・マンションの大家から遺族に連絡がいき、特殊清掃の会社の作業員が処理を行うのは、その後からの作業になるようです。

特殊清掃の会社の中には、遺体の引き取り・搬送なども請け負ってくれる会社もありますが、数としては少ないようだ。

たとえばアパートの一室で孤独死を遂げ、死後から長期間が経過してしまった遺体や死体は、特殊清掃のプロと言われる作業員でも、強烈な痛みを目に感じるほどの腐敗臭を放出していると言います。私たちがテレビドラマで観るような殺人現場や事故現場より、数倍は悲惨な状況であることが容易に想像できるでしょう。

遺体を引き取った後の特殊清掃とは?

遺体が警察によって搬出されたあとは、遺体残存の周辺にウジ虫やハエなどが大量に発生しているため、特殊清掃の作業は、その除去と殺菌・滅菌、脱臭作業からスタートします。

遺体から出た体液、排泄物などの汚物、血液や血痕、これらのものは、時間が経過しているほど壁や床下に染み込み、専用の強力な洗剤やオゾン脱臭機などを駆使しないと完全に除去することはできません。プロでも原状回復までに時間がかかる作業です。集合住宅などでは、階上・階下、両隣、近隣にも悪臭被害が及んでいる場合があるので、状況によってはそちらの手当ても行います。

これらの特殊清掃作業は、電話などでの問い合わせの後、見積もりを取って了解したら、前金を払ってからのスタートとなります。既述のように遺体が搬出された後の現場作業で、原則は依頼主である大家や遺族が立ち会いのもとですすめられます。

作業の流れとしては、「お清め」、「読経・香の焚上げ」、「殺虫剤の散布」、「消臭剤散布」、「遺品整理」、「清掃・脱臭」、「ゴミ・不用品・用品の仕分け」、「家具・パソコン・家電などリサイクル品の買取・手配」、「搬出」、「再消臭作業」、「確認・引き渡し」などとなっており、

原状回復を希望する場合は特殊清掃の一連の作業が終わった後のリフォーム工事となります。

事故現場の部屋をスケルトン同然に解体して、いわゆるリノベーションレベルで実施するものと、天井、壁、床などのうち、指定箇所のみを改修する工事があります。工事内容・作業内容によって費用が異なりますので、事前の相談や見積もりが必須です。