特殊清掃で使われるプロの洗剤や道具の使用方法とは?


特殊清掃で使用する洗剤

特殊清掃が必要な悪臭問題について

特殊清掃というと、交通事故などの事故現場に急行して遺体の始末をしたり、住戸内で亡くなっていたりする場合には、その現場であるアパートやマンションに行って、清掃・洗浄をするといった業務が主体的な仕事となります。いわゆる通常のハウスクリーニングとは違って、遺体・死体が絡んだ現場のクリーニングが含まれます。

特殊清掃のプロによると、現場にはさまざまな悪臭が立ち込めていたり、染みついていたりするもので、その洗浄方法は特殊な洗剤や脱臭法・脱臭機械を使用しないと、短時間のうちに原状回復までもっていくのはむずかしいと言います。生活臭、タバコ臭、ペット臭、ゴミ臭などは、通常どこの家にもあるものですが、死体や遺体、お亡くなりになった方の現場となると、そこに腐敗臭や腐乱臭が加わります。

あまり触れたくない話題ではありますが、最近では高齢化・孤立化の進行で、「孤独死」、「独居老人」などといった言葉を耳にすることも珍しくはなくなり、それが原因でもあるでしょう。

特殊清掃業者で使用される洗剤とは?

床や壁、天井など、住居の隅々にまで染みこんでしまったこれらの悪臭は、通常の臭気とは比べものにならないほど濃く、除菌を兼ねた脱臭に相当の時間がかかるそうだ。

特殊清掃で使用される洗剤は、次亜塩素酸ナトリウム、亜塩素酸ナトリウム、エチルアルコールなどの定番な洗剤です。水垢洗浄、カビ取り、殺菌、血液の汚れ除去などに使われています。

だが、多くの特殊清掃会社では、オリジナルの専用洗剤は企業秘密に属するもので、細かくその内容が記載されているようなサイトはありません。「その強力な酸化殺菌効果」や「脱臭効果」が、会社の差別化や売りとなっているためだ。アパートやマンションなどでは隣住居への影響や次期入居者募集の影響があるため、この脱臭・殺菌問題は普通に考えるレベルよりもかなり重点が置かれる問題です。

床下まで染み込んでしまった体液や臭いの除去は、通常オゾン消臭器などが使われています。布団や椅子、こたつなど、遺体と接していたものについては、濃度の高い除菌洗剤や殺菌洗剤で処理を行った後、遺族や家主の了解を得て廃棄します。

特殊清掃などの専門業者に依頼せず、大家や親族が清掃する場合、こうした消臭・脱臭は、専門的な洗剤を使わなくても、基礎知識があれば天然の身近な素材などを用いることで脱臭することが可能です。

個人と業者での作業方法と洗剤の違い

特殊清掃業者などのプロと、素人である大家や親族が清掃する場合では、使用する洗剤は違うものだ。
たとえば木炭(活性炭)を使った脱臭方法があり、市販でも販売されています。血液の汚れやご遺体周辺のシミ取りにエタノールを使用し、取扱説明書を十分に読み作業を行って下さい。こちらもドラッグストア等で手軽に購入して使うことができます。

プロの特殊清掃になると、オリジナルの特殊な薬剤に加えて、大型の強力な脱臭機械を持ち込んで、清掃の間中、それを稼動させて臭気を吸い取っていきます。

住居だけではなく、飲食店での事故や車内での突然死といった場面もあります。飲食店や車内では、ガスやガソリンなど危険性を伴う要素が多くあり、不慣れな作業員がいきなり現場を清掃すると爆発などの二次災害を起こす可能性もあります。こうした現場へは、実技訓練を積み、経験を重ねたベテランが当たります。いずれにしても、プロでなければ短時間に対応することは困